読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タンパク質は4時間ごとに摂取したほうがいい?

胃腸が強いか、弱いかはトレーニングを

する上で重要なファクターだと思います。

特に昔のボディビル選手の著作物を読むと、

「筋肉がつきやすいだとか、そういった才能が

あったとは思わないが、とにかく胃腸が強かった」

と言ってらっしゃる方が多くいます。

代表的なのはマッスル北村さんですね。

 

 

 

また、胃腸が強いということは

消化吸収の能力が高いということなので、

その点でも非常に良い体質です。

食った物が栄養になって体に定着するというのは、

なにより素晴らしい反応だと思います。

 

逆に痩せの大食いの方は、

吸収せずに栄養が流れてしまっているという事です。

以前大食い選手権などに良く出てる方がテレビで

「食べた時の状態とそれほど変わらない状態で出てくる」

とおっしゃっていました。

これはもう、全然体が栄養を吸収していないので、

ただ満腹感を得るために食材をドブに捨ててしまっているような

ものですね。

 

栄養を吸収するのに、増量する場合でも減量する場合でも

一回の食事量を減らして食事する回数を増やすというのは

よく言われている事ですが、

その理由は単純に消化にかかる時間に関わっているらしいです。

タンパク質ですと4時間、脂肪は6時間、炭水化物で2時間が

それぞれ胃で消化にかかる時間らしいです。

その効率を考えると、4時間置きに食事をするのが良く、

足りない場合はアミノ酸などサプリメントで上手に補うのが

理想だといえるでしょう。

でも実際難しいですよね…

12時に昼飯食べて、また4時にっていうのは…

バリバリ仕事してる最中ですし。

プロテインバー等もありますが結構な値段しますし、

何かうまいこと補う方法を見つけていこうと思います。